切削加工

 

新商品開発で使用する、試作品用の型を切削加工にて作成。

 

厚いアクリルを切り出し、ロボドリルにて製作します。

これはドリルの刃先が上から下へ、下りながら削っていく加工です。

 

 

まずは抵抗を減らすための荒削り、

そして仕上げにもう一度同じ場所を削っていきます。

 

 

 

表面の細かなザラつきをなくすため、さらにサンドペーパーで手磨きをして完成です。

 

3次元での切削加工は、刃物、回転速度、加工順などさまざまな条件設定があり、

レーザーなどの2次元加工と比べて時間も労力もかかりますが、仕上がりはとても美しく、1点1点が美術作品のようです。

 

ここで加工した型を使った新商品は、今秋リリース予定です。